読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然写真家・栗田貞多男の撮影日記

Sadao kurita Photography Diary


自然写真家・栗田貞多男の信州の四季の撮影記録を綴ります。
(写真の無断使用はきかたく禁じます)

白馬山麓のギフチョウ・ヒメギフチョウは、約10日遅れか!

今春は、2〜3月の低温のため春の訪れが遅く、例年4月10日頃から舞い始めるヒメギフチョウ(春の舞姫ギフチョウ(春の女神)も、白馬山麓では4月20日過ぎから岩岳山麓などでようやくヒメギフチョウが見られました。

佐野坂のギフチョウヒメギフチョウ混棲地は4月20日頃にはまったく姿なく、おそらく5月10日頃が発生ピークかと思われます。

 

f:id:kuritasadao:20170510161608j:plain

白馬山麓だけにみられるギフチョウのイエローリング(イエローバンド型)。

翅を開くとまさに黄金のリングのよう!

(「ギフチョウの里」より)

 

 

............................................................................................................................

f:id:kuritasadao:20170403101515j:plain

ギフチョウの里」絶賛発売中!

ご購入・詳細についてはHPまで ギフチョウの里/クリエイティブセンター

.............................................................................................................................

 

 

 

 

 

信州各地、天然記念物の桜を訪ねて。

遅い春でしたが、4月20日過ぎから一気に気温が上がり、固い蕾だった信州各地の桜も、ソメイヨシノを始めとして次々と開花。

その桜をいわば、ふるさと信州のシンボルたる名桜を撮り歩きましたので、その一部をご紹介します。

 

信州の桜の特筆すべき点は、そのバックに残雪の北・南・中央アルプス八ヶ岳浅間山などが映り込めることで、特に今春は山々の残雪が多く、いくつもの素晴らしいシーンに出会うことができました。

 

 

小川村「立尾の桜」(2017.4.24撮影)

f:id:kuritasadao:20170510162943j:plain

鹿島槍をバックに咲く姿は、一服の絵画。

辺りには赤味濃い枝垂れ桜などもあり、桜と残雪の北アルプス眺望のベストポイント。

f:id:kuritasadao:20170510163037j:plain

さらに小高い丘からは北アルプス連山の爺ヶ岳、鹿島槍、五竜。白馬三山のパノラマまで望める。

 

 

富士見町「田端のしだれ桜」(2017.4.30撮影)

田端地区の共同墓地にあり、しだれ桜とコブシがまるで一株のように同時に花咲く。

その上、そのバックには西南方向には残雪輝く甲斐駒ケ岳、東には八ヶ岳が望める。これほどの美しいシーンは残雪の多い今春だけだろう。

f:id:kuritasadao:20170510162308j:plain

コブシ(左)としだれ桜(右)

背景には残雪輝く甲斐駒ケ岳

f:id:kuritasadao:20170510162526j:plain

東からは八ヶ岳が映り込む。心安らぐシーン。

 

 

 

鳩山邦夫氏・追悼展「舞姫たちよ、永遠に!」

2017年4月29日(土)〜8月20日(日)まで青木村信州昆虫資料館にて、鳩山邦夫さんの追悼展「舞姫たちよ、永遠に!」を開催いたします。

 

別荘のある軽井沢で幼少期より、蝶の採集・調査を続けておられたことにより御縁があり、この度ほど近い青木村にて追悼展を開催する事となりました。

 

皆さま、ぜひ足を御運びください。

 (詳しくは、信州昆虫資料館へお問い合わせください。)

f:id:kuritasadao:20170421161735j:plain

 

ヒメギフチョウ、ようやく初見

4月15日の白馬山麓、ヒメギフ・ギフチョウのロケハンはまだまったく桜は固い蕾状態で、あと1週間位は先になりそう。

しかし、ミヤマアオイの直径1cmほどの新葉は開き始めていました。

f:id:kuritasadao:20170420171731j:plain(白馬山麓、直径1センチ足らずのミヤマアオイの新葉)

 

上田市西方の青木村では4月19日、ようやくヒメギフチョウを初見。

一週間ほど前から多く見られたとのことでした。

 

f:id:kuritasadao:20170420171806j:plain

カタクリに吸蜜するヒメギフチョウ。春の蜜も多いため吸蜜時期は長い(ギフチョウの里より)

 

 

 

 

.............................................................................................................................

f:id:kuritasadao:20170403101515j:plain

ギフチョウの里」絶賛発売中!

ご購入・詳細についてはHPまで ギフチョウの里/クリエイティブセンター

.............................................................................................................................

 

 

信州もいよいよ桜のシーズンオン

信濃もこの一週間ほどで一気にフローラの春へと移り変わりました。

 

4月7日からは日中、19〜20℃の日々が続き、花の名所「森のアンズ」や「松代東条のアンズ」が満開となり、遅れること1週間で、各地の桜も咲き始めました。

 

となると、次々と開花する桜を追っての撮影も忙しく、信州最南の飯田地方をはじめ、まずは各地の平地の桜を追う日々です。

 

 

f:id:kuritasadao:20170420171031j:plain

飯島町「西岸寺の彼岸しだれ桜」

f:id:kuritasadao:20170420171049j:plain

飯田市毛賀の「くよとの彼岸桜」

白馬山麓 フクジュソウに越冬エルタテハ訪花

白馬山麓へ、ギフチョウヒメギフチョウの様子見がてら早春の撮影行。

AM11:00で気温は21度。春の陽気につられてエゾスジグロシロチョウや越冬後のタテハ類が舞いおどり、長かった冬を忘れさせてくれます。

 

10年以上前に訪れた飯森のザゼンソウ群生地は、まだ半分雪の中。

その雪の中から濃赤褐色のザゼンソウが頭をのぞかせる....そんなシーンを探すものの、ほとんどザゼンソウ見当たらず。時期的には開花に合わせたはずがなぜ?

 

ようやく2〜3の小さめの花を見つけました。

生育環境の大きな変化は見られず、近年の温度上昇によるものでしょうか。

f:id:kuritasadao:20170420170251j:plain

やっと見つけたザゼンソウ。かつては群生地だったが...

f:id:kuritasadao:20170420170340j:plain

それでも小さなお地蔵様のような姿はかわいらしい

 

ザゼンソウはあきらめて、道沿いのフクジュソウの群生を撮っていたら、赤茶色のタテハチョウが訪花。なんと越冬後のエルタテハでした。

この花とチョウのシーンは初めて。いささかボロでしたが、白馬らしいラッキーな出会いでした。

 

 

f:id:kuritasadao:20170420170523j:plain

道沿いに咲くフクジュソウ。バックの白い山は栂池方面。

f:id:kuritasadao:20170420170543j:plain

フクジュソウに訪花した越冬後のエルタテハ

 

 

アンズ開花始め。越冬の蝶もようやく飛びはじめました。

ようやく長野市近郊のアンズの花が咲き始めました。

庭のコブシも淡クリーム色につぼみが色づいてきました。

おとといは日中14℃ほどに気温上昇し、郊外の道沿いで越冬後のキチョウ、キタテハ、ヒオドシチョウ(?)を三つも見られてラッキー。

 

なんとか春の気配が感じ始められてきたよう。

来週が待ち遠しい。

 

里山に咲くダンコウバイに遅い春雪が(2016.3.25/長野市郊外)

f:id:kuritasadao:20170406161636j:plain

昨年の春は3月25日、裏山のダンコウバイが綺麗だったのだが、今春はまだつぼみ…

f:id:kuritasadao:20170406161737j:plain

長野市松代のアンズ畑。去年3月25日には五分咲きだったが春の遅雪も舞っていた

f:id:kuritasadao:20170406161949j:plain